桃とらマンの平和な日々にミニ無垢が乱入!?

トラと無垢、2にゃんずの今後はいかに・・・・・

2014年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ご無沙汰更新です!!

みなさん、またまたご無沙汰しております。
なにかないとブログを書くっていうのも難しい状況ですいません。
今日は、まぁいい報告と悪い報告とあるというか・・・
最初に言っておくと、とらは元気です!もちろん無垢も。

前回、短い期間に数回の嘔吐があり1年半振りに病院に
検診にいったという話をしました。7月初旬ですね。
で、嘔吐については原因不明だったわけですが吐き気止め
の注射を打ってもらって、それ以降全く吐くことはなくなり
一時的なもので安心していました。

んで、前回書いていなかったんですが、とらの血液検査で
初めて腎臓関係の数値が引っかかりました。
クレアニチンとBUNです。
といっても基準値よりちょっと多いとかそういう感じで。
猫は緊張による脱水症状を起こしやすいので、1回で腎臓が
悪いと判断するのは良くないということで時間をあけて
また検査しましょうとなっていました。

それから3ヶ月、とらは元気に過ごしていたんですがなんとなーく
多飲多尿っぽいと言えなくもないかな?
と思っていて。
3回の手術の後に、明らかに多飲多尿になっていたんですが
これは体の中の炎症と戦っているためということで数値は安定
していました。
今回は、何もしていない状況で前より少し多飲多尿っけが・・
時間も空いたし、どんな病気も早期発見早期治療が鉄則!
改めて血液検査をしてきました。

で結果が・・・
よく言えば変化なし、悪く言えば標準値越えが2回続いた。
という結果です。
慢性腎不全(腎機能が低下)が始まったと思って、見ていこう。
ということになりました。
猫好きのみなさんならご存知だと思いますが、簡単に書いて
おくと

・慢性腎不全は完治しない(急性腎不全は治る)
一度失われた腎機能は回復しない、残っている機能をいかにして
残していくかという考え

・初期の初期(stage1)で発見されることはほぼない
stage1腎機能が約50%残っている状態
理由は、血液検査で数値として現れるのは腎機能が50-70%失われて
からしか現れないから。
画像診断とかで、一部石灰化とかでたまに初期で見つかることも
あるそうですが。

・老猫の10-30%がなっていると言われている猫の職業病みたいな病気
加齢による腎臓機能低下はしかたのないこととも言えるそうです。

・主な症状は、多飲多尿・食欲低下・体重減少・嘔吐etc
でも多飲多尿以外の症状は、結構進行しないと出にくいかもとか
ちなみにとらは、150-200cc/dayの飲水量です。
おしっこは4or5回/day 無垢よりは回数が多く、猫砂の塊もやや大きい
これは、多飲というにはグレーゾーンみたいですね。
体重×100ccとかだと明らかに多飲らしいです。

・治療は、状況によって下記から選ぶ
食事療法 腎臓サポート系療法食
投薬やサプリメントによる腎臓・血圧サポート
皮下輸液点滴(脱水サポート)
基本は通院 一部自宅点滴OKの病院もあるみたい

・基本的にゆっくり進行していく病気 根気強く向き合おう
早い段階で見つけて治療すれば、長期的に元気でいてくれる
ことも多い病気。
上手に付き合ってあげることが大切

とまぁ、乳腺腫瘍の時と同様調べると悲しくなる情報ばかり
見えてくるわけですが・・・・
とらの場合、今後どうするかということですが
・食事療法は、とらが食べてくれたらやればいい
・投薬はまだ必要なさそう
・1-3ヶ月ごとに血液検査ができたら見ていきたい
・明らかな脱水、体調不良が起きたら点滴をしよう

以上です。
なんだか、ずいぶん消極的な感じに見えますよね(;´∀`)

理由は、現在の数値的な見解・とらの状況から判断して
腎不全よりも乳腺腫瘍の方をケアするべきだと考えるから。
さらに今のとらに求められるのはQOL、とららしく無理のない
負担のない生活を送らせてあげることが最優先だから。
食べたいものをいっぱい食べて、栄養をつけてくれてる方が
癌にとってはいいこと。
療法食にして食べないことのほうが状況としては悪いようです。

とりあえず療法食のサンプルをもらってきたので食べてもらえる
かお試し中です。
あとは腎臓サポートサプリとして有名なネフガードだけ試して
みるかな
もし、腎臓サポートでいい情報があったら教えてください

最後に、担当医さんが言ってたこと
乳腺腫瘍の治療をやめて1年半。
正直、今こんなに元気でいられることはものすごいこと。
確かに腎機能低下が見られるのは残念なことだけど・・・
年齢的にみれば、珍しいことではない。
きっとこの子ならうまく付き合っていけると思う
穏やかな日々が送れるよう頑張りましょう


とのことです、正直凹みましたよ。
癌だけでもとらは大変なのに勘弁してくれよって。
でも、とらは今も大変な体で一生懸命生きてくれてると思います。
少しでも長く、穏やかな日々が過ごせるようにサポートしたいと
思います。
DSC00901400.jpg
元気にやってるわよー

腎不全 経過メモ((φ(・д・。)
慢性腎不全 stage2の可能性あり(14/10/19)
多飲多尿は見られるが、それ以外の腎不全に見られる症状は
出ていない。いたって元気。

                  治療なし   療法食開始?
              14/07/07  14/10/19
BUN(17.6-32.8)      40     46.8↑
クレア (0.8-1.8)       2.2      2.2→
体重              4.10     4.08→
                      多飲多尿気になる
スポンサーサイト

| とら 乳腺腫瘍闘病記 | 19:20 | comments:13 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。